スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルドイリー「パイナップルの二重奏」。

01_20130219062421.jpg


オリジナルのドイリーを編んでみました(^-^;
大好きなパイナップル編みが三重になっているゴージャスなドイリーにしたい!とはりきって編み始めたのですが、半分ぐらいまで編んだところで大きな間違いに気づき、挫折・・・結局適当なところで終わらせてしまうことに・・無念です(T_T)

間違いというのは・・
丸いドイリーにしたかったのに、一つめのパイナップル編みのところを7模様で編んでしまっていました。
8模様にするべきだったんだ!と気づいた時には、すでに遅し。
2つめのパイナップル編の途中まで来てしまっていたので、今さらほどくもの悔しい(^-^;
・・ということで編み続けることに。
最後にピン打ちして仕上げる段階で、無理矢理強く引っ張ったりして円形に近づけるよう努力してみましたが、何だかいびつな形に・・。

02_20130219062632.jpg


【使用糸】コロンレース糸 #40
【使用針】エティモ レース針8号
【サイズ】直径24cm

途中まで、うまくいっているかのように錯覚してしまっていたので、とても悔しい気分。
この失敗をバネに次に挑戦する時は、しっかり考えて慎重に編み進めたいと思います。反省。

それにしても。
オリジナルに挑戦するたびに思うことですが、レース編みのデザイナーさんってスゴい(^-^;
一つのデザインを完成させるだけでも大変な事なのに、さらに全然ちがう雰囲気のデザインをたくさん創り続けるなんて神業!・・とつくづく思います。
一体どんな風にデザインされているんでしょうねぇ。
机上でデザインのコンセプトを考えたり、だいたいの編み図を書いてから、試し編みをする?
それとも、編み進めながらイメージを固めて、それを編み図におこすの?
・・と考え出すと、不思議で・・。
デザイナーさんによって方法は千差万別なのかもしれませんが、もしコツがあるものなら知りたい!と強く思います(^-^;
編み方の技術について教えてくれる学校や、書かれている本はたくさんありますけど、「オリジナルデザインの製作方法」を教えてくれるような講座や本って、聞いたことが無いような・・。
もしそんな内容の本があったら絶対に買うのに!って思います。

素敵だな〜と思う作品を見つけて、その編み図を見ながら編むだけですごく楽しいので、もしも自分自身で自由自在にデザインできるようになったら、もっと楽しいんじゃないかな?!
・・なんて思ったことから始めたオリジナルのドイリー製作ですが、私にはまだまだ修行が必要のようです(^-^;

Fukei.jpg

さて。2月も中旬を過ぎ。
本格的な寒さもあと2週間ぐらいで終わるのかと思うと、嬉しいです(^-^)
とにかく早く、雪はねから解放されたい!
灯油代を節約できるぐらい、早くあたたかくなって欲しい!
・・と、毎日願っています(笑)。
私の住んでいるところは、北海道の中でも「豪雪地帯」と言われている場所で、かなりたくさんの雪が降るので(^-^;
一晩で1mぐらい積もることも珍しくなく・・。
一日中、ずーっと雪が降り続ける日もありますし、そんな日は一日に何回も雪はねをしなければいけなかったりして、これがなかなかの重労働・・。
雪はねをしているだけでもかなりの運動量なのか・・それとも、普段があまりにも運動しなさすぎだからなのか・・私は冬になるたびに痩せます。(笑)
「雪はねダイエット」です(^-^;
私のような運動嫌いの人間でも、「雪はねしないと、玄関の扉があかなくなっちゃう!」という必要にせまられ、自主的に体を動かし続ける・・という、恐ろしいダイエット!
きっと、有酸素運動なのだろうと思います。
息が切れて、苦しいですもん(笑)!
雪って重い・・。ダンベル並みの効果が?!
でも、外はマイナス20℃の世界。どんなに苦しくても、休憩を取るきにはなれず(^-^;
ひたらすらスコップで、せっせと雪をよける作業。
早くあたたかい家の中に入りたいので、自然と必死!
・・というハードな運動の成果でしょうねぇ。
3年前にウェストがきつくなっちゃった〜ということで履くのをあきらめていたパンツが1本あったのですが、「捨てる前に念のため履いてみよう」と先週、試したところ、スルッと履けました♪

冬の間は、あたたかい室内でのんびり編み物をするのが最高!
なのですが・・
自然とダイエット出来るなら、こまめに雪はねするのも悪くないかも!!
・・と思ってしまうあたり、我ながら単純(^-^;


ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

こぎん刺しのがまぐちに挑戦。

3年ぐらい、ずーっと仕舞い込んでいたフェリシモのキットで(^-^;
初めてこぎん刺しに挑戦してみました。
結果は惨敗です(笑)。

04_20130208042147.jpg

何年も前から、フェリシモのカタログを見るたび、こぎん刺しが気になっていました。
でも、刺繍関係はクロスステッチで挫折した記憶しかなかったので、これも完成させる自信が持てなくて、ずっと我慢していたのですが、ある日、フェリシモのクチュリエメルスリーでこのがまぐちキットを発見!
しかも、その時は50%OFFのセール中でした。
確か、もともと2,000円のキットだったのですが、それが半額・・うわー辛抱できん!
・・と言う事で購入したのですが、いざ説明書を読んでみると、なんだか難しそう・・。
「そう言えば、がまぐちさえも作ったことの無い私に、これが完成させらる???」と急に不安になり、収納箱の奥へ。
半額とは言え、せっかく買ったんだし勿体ない・・とずっと気にはなっていたものの、中途半端に手を出すと、結局失敗してしまって材料を無駄にすることに・・と思いとどまり、その時、計画を立てました(^-^;


ステップ・その1
がまぐちを作れるようになる。

ステップ・その2
小さなもので良いから、こぎん刺しに挑戦してみる。

ステップ・その3
フェリシモのこのがまぐちキットに挑戦してみる。


そんなこんなで、3年がかりぐらいでようやく、このたびステップ・その3まで到達!
長かった〜(^-^;
でも残念なことに、このがまぐち・・模様の中心と金具の中心が合っていないため、正面から見るとかなり残念な出来映えです・・。

02_20130208042101.jpg

ちなみに、裏はこんな感じ。

03_20130208042255.jpg

まだまだ修行が必要ということですよね。
上手く作れたら、友達へのプレゼントにしようかなと思っていたのですが、これは自分で使う事に(笑)。

こぎん刺し自体はすごく楽しくて、ハマりそうな予感です。
図面の味方や糸始末の方法さえ覚えてしまえば、あとはもうとにかく楽しくて、いつまででもずーっとチクチク刺していたいられる感じでした。
今回の敗因は、そのあとのがまぐちに仕立てるところだった気がします(^-^;
やっぱり縫い物は苦手です・・。
でも、こぎん刺しで何か作ろうと思ったら、縫い物は避けられない作業・・・。
ソーイングが得意なの〜♪と言えるようになりたいです(T_T)

こぎん刺しは、青森の農村が発祥で、もともとは防寒のために始まった手仕事だったとか。
畑仕事の時の野良着があたたかくなるように・・と、冬の間にこぎんを刺しておくことが女性たちの仕事のひとつだった、というのを知った時は、祖母と母の事を思い出しました。
私が子どもの頃は、祖父母と一緒の家に住んでいて、実家は農家でした。
北海道の農家でしたけれど、私の祖母や母は、春から秋までは朝から晩まで畑仕事をして、冬になると今度は朝から晩まで編み物をするのが常でした。
落ち着いて編み物を出来るのは、畑仕事が無い冬ぐらいなので、冬のうちにサマーセーターなんかの夏物まで編んだりしていました。まさに、編み貯める感じです。
冬の間に母が、まだ幼かった私の体に合わせてサマーカーディガンを編んでくれたりするわけですが、育ち盛りなので(^-^; 夏に着ると、ボタンが止まらなくなっていたり・・それも懐かしい思い出です(笑)
それにしても、もしも、私の実家が青森にあったとしたら、祖母や母たちは編み物じゃなくて、こぎん刺しをしていたのかもしれないなぁ、って思います。

ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年あけました〜(^-^; 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
・・と、まさか札幌雪祭り初日の今日、書くことになろうとは!(笑)

毎年の事ですが、12月中旬から仕事でバタバタ・・
もちろん、正月休みなんて関係ないよね?・・と更にバタバタ(^-^;

そんな中、私の住む街はクリスマスの日に-28.6℃を迎え、その日北海道で2番目に寒かったハズ・・
ええ。
毎年2月は特に寒くて、-25℃近くになる事も珍しくないので、今年も覚悟はしてました(^-^;
でも、12月にまさか-28℃を記録するなんて・・予想外。
生まれてから30数年、北海道の中でも特に寒く豪雪地帯な場所に住み続けている私の感覚からすると・・
マイナス20℃未満までは「寒い」「しばれる」。
マイナス20℃よりも気温が下がると「痛い」・・となります。
今年はもうこれ以上、寒くなってほしくないな〜と願うばかり(^-^;

そんなわけで、年末からモタモタしていた私ですが、初詣もモタモタしてました(笑)。
「松の内のうちに行けばいいじゃないの〜?」
なんて言い訳しながら、1月5日に地元の神社へお参りに。

02_20130205224205.jpg

神社にもどーんと雪が積もっています。
参道周辺は綺麗に除雪されていますが、手を清める御手洗は完全に雪に埋まっていて使用不可。
御手洗の周りを除雪をしたところで、どのみち寒くて水道が凍結してしまい使えないから、ここは自然のなすがままに・・という事かな〜という気がします。
北海道内の神社では、めずらしくない光景の一つ、という気がするのですが、初めてご覧になるとびっくりするかもしれませんよね(^-^;

今年は後厄年・・しかも一説には、「本厄より後厄の方が大変」という話もあるので、念入りにお参りしてきました・・・と言うのも、今年の私は、後厄で天中殺で大殺界(^-^;
健康で無事に一年を過ごせます様に・・と願うばかりです。

それにしても、30代女性は、次から次へと厄年が巡ってきますよね。
それだけ健康に注意すべきお年頃ということなのでしょうか(^-^;

どうか良い一年になりますように。

ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

本田君さんデザイン「アネモネ」

以前から憧れていた本田君さんがデザインするドイリー……ついに編みました!(^-^;

01_20121222154409.jpg

【編み図】「美しいレース1 パイナップル編み」(1980年発行/主婦と生活社)より
      65番「アネモネ」本田君さんデザイン
【使用糸】ZAKKAレース #40 ミルク
【使用針】エティモ レース針8号
【サイズ】直径30cm

どうしてもパイナップルが二重になっているゴージャスなデザインのドイリーを編みたくなって。
それにしても、本田君さんと言えばピコット……私の苦手なピコットの嵐(T_T)
何度も指がつりそうになり、挫けそうになり。
そうだ!ピコットを省略してしまえば良いのでは?!と魔が差したことも一度や二度じゃありません(笑)。
その度に本の写真を眺め、踏みとどまり(^-^;
これ、ピコットの数が尋常じゃありません(笑)。
でも、そこにピコットがあるからこそ、繊細で優雅なデザインになっているんですよね。
「苦労した作品ほど美しい」これ、レース編みの法則でしょ?!と、不器用な私は思っているので(^-^; 最後まで頑張りました〜♪

02_20121222154424.jpg

中心の部分にピントを合わせると、まるで雪の結晶みたい。

そんなこんなで、やっとの思いで編み上げたわけですが、ここでまた問題が(^-^;
仕上げのピン打ちがこれまた上手くいかない……
本に掲載されている見本の写真と比べると、かなり恥ずかしい状態に……
でも、ま、いっか♪(笑)

03_20121222154434.jpg

出来映えはイマイチですが、何よりも本田君さんのデザインを最後まで編む事が出来ただけで満足です( ̄▽ ̄;)
編む前から、薄々気づいてはいたのですが、やっぱり本田君さんのデザインは上級者向けだな〜と実感。
私にはまだまだ修行が必要のようです……

この編み図が掲載されていた本は、1980年発行の物なのですが、私の手元にある本は、2010年53刷の物です。
30年間53回にも渡って発行を重ねているなんて、大ベストセラーですよね。
作品写真の中には「昭和っぽいなぁ」と思えるテイストの物もあるのですが、ひとつひとつの作品のデザイン自体に古くささは無く、小さめのドイリーから、テーブルクロスやベッドカバー等の大物まで、バリエーション豊かな作品が80点収録されています。1冊に収録されている物としては、作品数が多いですよね。お得な感じ?!(笑)
これを制覇するには、かなりの時間がかかりそう(^-^;
でも、本田君さんをはじめ、数人のデザイナーさんの作品が収録されているので、いろいろなテイストの作品があって飽きが来ない感じです。
「パイナップル編み」と一言に言っても、デザインによってこんなに印象が変わるんだなぁ〜と。
私はパイナップル編みが大好きです。
この本に掲載されている作品の中には、気になっている物がたくさんあるので、地道に完成させて行きたいなと思います♪

編み図はこちら。


レース糸はこちら。


ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

「ひまわりのランデブー」再び(^-^;

このドイリーは、以前にも編んだんですが、やっぱりこのデザインが好きで(^-^;
前回は、真っ白なレース糸(コロンレース糸)で編んだのですが、今回はもっと大好きなZakkaレースのミルク色の糸で編んでみました♪
01_20121121141553.jpg

【編み図】「パイナップルレース」(昭和61年発行/日本ヴォーグ社)より
     「ひまわりのランデブー」鈴木陽子さんデザイン
【使用糸】Zakkaレース ミルク #40
【使用針】エティモ レース針8号
【サイズ】直径22cm

02_20121121141422.jpg

初めて編んだ前回より、今回の方が全体的に上手く行ったかな〜と・・。
短期間でそんなに上達するはずない!とは思うのですが(^-^;
何より、仕上げ具合がマシになったかな・・なんて(笑)。
ピン打ちは、未だに試行錯誤という感じなのですが、今回は本に掲載されている完成写真と見比べながら、丁寧にたくさんピンを打ってみました。
こういうちょっとした所で、仕上がりに差がでますね(^-^;
今度から、もっと丁寧にしよう!と思いました。
今までが、適当すぎ(笑)。

私はおおざっぱで適当な正確なので(^-^;
細かい作業や、正確さが求められる作業はとても苦手です。
でも、レース編みだけはなぜか続ける事が出来ていて、自分でも不思議です。
編んでいる最中も、そして出来上がったあとも、癒されて・・
もちろん、編み間違えてイライラすることもありますけど(笑)。
音楽を聴きながらとか、DVDを観ながらでも、手を動かす事が出来る・・というのも、私には丁度良くって。
仕事を終えて眠る前のちょっとした時間に、少し手を動かすだけで気分転換になるというか、落ち着きます。
逆に、少しも編む時間が作れずに数日過ぎると・・どうも、落ち着かない(^-^;
そうなると、睡眠時間を削ってでも、30分編もう!ってなったりして。
ここまで来ると、何だか編み物時間が、精神安定剤代わりになっているような?(笑)
まぁ〜、一玉300円程度の糸があれば、しばらく楽しく編んでいられますから、趣味としては投資が少なくて効率がいいかも(^-^;

使用した本は、こちら。


使用した糸は、こちら。


ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

フェリシモ「四季を感じる かぎ針お花シュシュ (3)バラ〈冬〉」完成♪

久々に、フェリシモのキットでシュシュ作ってみました。
うちには、買うだけ買って、手つかずのまま熟成させているフェリシモコレクションがあるので(^-^;
コツコツと完成させていかなければ!

今回チャレンジしてみたのは、
フェリシモ「四季を感じる かぎ針お花シュシュ (3)バラ〈冬〉」です。
3色の毛糸が入っていました。
太さは、極細か中細ぐらい?
とても細めの糸なのですが、これを2本取りで編んで行きます。
私は今まで「2本取りで編むのって、苦手!」と思っていたのですが、これはサクサク気持ち良く編み進めることが出来ました。
フェリシモマジック?!(笑)
それにしても、フェリシモの糸って編みやすくていいですよね。
糸だけ、まとめ買いとか出来たらいいのになぁ〜と思います。
毎回、キットの毛糸が少し余るので、それに買い足したり出来れば、何か他の物を編めたりするのになと。

04_20121121132901.jpg

ゴムの周りを編み進めて、ひと周りしたら、今度はお花のモチーフを編んで行きます。
バラの形にまとめるところに、ちょっと苦戦しましたが(^-^;
でも、意外とあっという間に数時間で完成!

02_20121121132929.jpg

何と言うか・・編み進め方に変化があって、それがとても楽しかったです!
他には無さそうなデザインも好き♪

03_20121121133005.jpg

今回のキットは毛糸を使用するものだったので、何となく冬向けのシュシュに仕上がりましたけれど、これをレース編みの糸で編んだりしたら、一年中使える感じになっていいかも!と思いました。
フェリシモで学んだ作り方、それを自分なりにアレンジして行くのも、また楽しかったりしますよね。
冬の間に、溜め込んだフェリシモのキットをどんどん完成させて行きたいと思います(^-^)/

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

若草色のシルクのスヌード完成!

すっかり寒くなってきたので、ちょっと首に巻く物を作りたい・・ということで、かぎ針でスヌードを編みました♪
以前読んだ本に掲載されていた、ティッシュケースの編み地をひたすらくり返し・・。
2重にぐるっと巻く感じで使いたいな、と思って編み始めたのですが、これがなかなか果てしない作業で、終わる頃にはもう、うんざり(^-^;
ひたすら同じ編み方を繰り返すのって、何の修行?!(笑)
でも、出来上がったスヌードは、軽くて暖かくてちょうどいい感じ♪
写真だとあんまり綺麗に色が出ていない気がするのですが、現物は若草色というか、黄緑のような色です。

01_20121121125931.jpg

使用した糸は、毛糸ZAKKAストアーズさんの「陽だまりシルク」



残念ながら、すでに完売してしまっているようです(T_T)
2年前ぐらいだったか、この糸が新発売になった時には、ひとめぼれして大量に買い込んでしまったので、我が家にはまだ在庫がたくさん・・。
シルクと言っても、紬(つむぎ)状態なので、パサパサした感じの肌触り。
テカテカしていなくて毛糸らしい触感で、軽めな感じの糸なので、靴下やカーディガンなんかを編むのにいいなぁ〜と思って、数色まとめ買いしてしまったのでした(^-^;
毛糸ZAKKAストアーズさんでは、その他にもシルクの糸が販売されているので、気になっている物もチラホラあるんですけど・・まずは、我が家の在庫を使い切らないと(^-^;
シルクにも、いろいろな肌触りの物があるようで、奥が深いですよねぇ・・







「陽だまりシルク」は、絹100%だったので、どちらかと言えば春夏糸。
でも、シルク20%とウール80%配合の糸だと、この季節に良さそうですよね〜。
冬はどうしても、あたたかい糸が恋しくなって来ます(^-^;

ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。