千の日々。

不器用なのにハンドメイド大好き(^-^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちいさなてしごと」タティングレースのキットを開封!

先日、京都カナリヤ手芸店さんで注文していた、タティングレースの初心者向けキット↓

が届いたので、早速中味を確認。
パッケージがかわいいことに、まずびっくり(笑)。
茶色いリボンで結ばれているので、このままプレゼントしても良さそうな感じ。
たてぃんぐ01
中を開けると、アンティーク仕立ての紙製ボックスの中に一式収められていました。
こんなにコンパクトなら、持ち運びにも便利そう♪
たてぃんぐ02
紙製ボックスの中には、シャトル、糸、とじ針、ストラップ金具など全てが!
全部取り出して並べてみました。
たてぃんぐ03

説明書も、指の動きなどまで丁寧にイラスト尽きで解説されていて、わかりやすそうな感じ。
ここまで丁寧な説明書がついてくるなんて、期待していた以上でした♪

もし、説明書がわかりづらかったりしたら…なんて不安だったので(^-^;
キット到着を待ち切れずに、1冊初心者向けの本を購入してしまっていたのですが、これなら説明書だけでも大丈夫かも(笑)。
ちなみに、買った本はこれです↓
【送料無料】はじめてのタティングレ-ス

【送料無料】はじめてのタティングレ-ス
価格:800円(税込、送料別)


本の方も、写真入りですごく丁寧に書かれているし、初心者向けの簡単そうなモチーフから、ちょっと応用の利いたものまで、様々な作品が掲載されているので、「慣れて来たら、これを作りたい!」という目標を持つ、という意味では買っておいて損はなかったはず!と思いますけどね。

タティングレースをはじめてみよう!と思い立ったとき、まずはウィキペディアで「タティングレース」と検索してみたんですが、そこには「一度覚えてしまうと手元を見なくても作れることから、18、19世紀には、ろうそくの節約にもなると貴族のあいだで大変もてはやされ、教養として習うものとなった。」という記載があって(^-^;
手元を見なくても作れるようになるなんて、すっごいエコ手芸!電気の節約が課題となっている現在の状況にもぴったりなんじゃ?…なんて思いました。
いや…実際、そこまで上達することができるんだろうか、不器用者の私は(^-^;…と不安はありますけど(笑)。
ひとまず。
道具は揃った事ですし、挑戦してみたいと思います!
関連記事

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。