千の日々。

不器用なのにハンドメイド大好き(^-^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花みたいなレース編みのドイリー

最近、一番気に入っているドイリーがあって(^-^;
レース糸で色を変えたり、太さを変えたりして何枚も同じものを編んでいます(笑)。
何枚かは友達への誕生日プレゼントをラッピングする時にアクセントとして使ってみたりして、もう今では手元に無い物もあるのですが、最近編み上がったものが、こちら。

20番のレース糸を使用しています。
写真だとわかりにくいのですが(^-^; 白い糸に小さなラメが入っているところがお気に入りです。
光が当たる角度によって、キラキラしてキレイ。
フチが緑色だと、より一層お花らしく見えるかな?と。
直径は約12cmです。

20番糸


40番のレース糸で同じドイリーを編んでみたのが、こちら。
2色でシンプルにしてみました。
直径は約8cmと小さめ。コースターとしては良いサイズかな(^-^;

40番

ふたつを並べると、大きさの違いがわかりやすいでしょうか。

ふたつ並べたもの


40番の糸の「黄色」は、はっきりした黄色ですね。鮮やかというか(^-^;
20番の糸の「黄色」の方が、少し優しい感じがして、私は好きです。オリンパスの糸だったような気がするんですけど、パンッケージが残っていないのではっきりしません・・。

普段は、1色のレース糸で編み続けることが多いので、このドイリーのように何度も途中で糸を替えると、最後の糸始末が面倒で仕方がない(笑)。
でも、だからこそ仕上がった時の満足度はその分割り増しになりますね〜♪
このドイリーが掲載されているのは、日本ヴォーグ社から発売されている「かわいいレース編み」という本です。



これは、「レース編みを久々に再開してみよう!」と思い立った時に出逢った本です。
表紙にも使われているこのドイリーに一目惚れして、ぜ編んでみたい!と思って、即購入。
このドイリー以外にも、手頃な大きさのドイリーやモチーフつなぎのドイリーなど、素敵な作品ばかり。
表紙には、2枚のドイリーが写っていますけど、どちらも同じ編み図なんですよね。
ただ色を変えたり、ビーズを編み込んだりと、ほんの少しアレンジしているだけ。
それも本の中で紹介されているのですが、それが私にとっては目からウロコでした。
それまでは、本に掲載されている編み図のとおりに編む事しか頭になかったので(^-^;
ドイリーの途中で、糸の色を変えたり、フチにビーズを編み込んだりするという、ちょっとしたアイデアで、自分のオリジナリティーを作品にプラス出来る…そうか、そうなんだぁ〜と、一気に視界が広がったというか。
レース編みって、もっと自由に楽しんでいいものなんだ♪ということに気づけた、という意味でも、この本の影響は大きかったです。私にとっては、まさにお値段以上(笑)。
始めの方には、写真付の丁寧な解説もついていて、初心者向や私のように、久々の挑戦…という人間にも入っていきやすい感じでした。
大きさも、一般的な編み物の本よりは少し小さめなので、持ち運びにも便利…というか、このまえ1泊2日で出かけた際にも、躊躇せず持って行きました(笑)。編みかけのドイリーと一緒に。

関連記事

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。