千の日々【haruの旧ブログ】

新しいブログへ引越しました。

編み物時間〜「デスパレートな妻たち」を観ながら〜

このまえベージュ系のレース糸で編んでみた「毛糸だま」に掲載されていたショールを
今度は水色のレース糸で編んでいるところです。
まだ3分の1ぐらいかな(^-^;
0409.jpg
水色っていうのもこれからの時期、涼しげでいいんじゃないかなーと。
この前編み上げたものより、ちょっと長くしてみようと思っています。
首にくるっと巻いて、更に胸より少し下ぐらいまで来るぐらいの長さでもいいかな〜なんて。
なかなか糸の減りが早いので、糸が足りるか心配なんですけどね(^-^;
買い足しても良いんだけど、ロットが変わると少し色味が変わってしまうこともあるらしいので、ちょっと不安。
はじめにまとめて2玉ぐらい買っておいてから、編み始めればよかったかなー?!・・って言っても、すでに遅いわけですが・・次回の教訓ですねー(笑)。
ちなみに、現在使用中の水色の糸は、毛糸ZAKKAストアーズさんの30番レース糸です。
かなりの大玉(100g)なので、こういうウェアものには向いてる気がします。

水色のが編み終わったら、その次はこげ茶とか、ちょっと渋い色で編んでみたいなーと考えてます。
このデザイン、ほんっとに大好き♪

最近は、編み物をしながらDVDを観て・・というのがすっかりお気に入りです。
最近は、海外ドラマの「デスパレートな妻たち」にすっかりハマっていて(^-^;
もう何年も前からずっと大好きなドラマで、すでに何回も繰り返し観てるんですけど・・やっぱりおもしろーい!と思ってしまって。
先週、久々にシーズン1の一番初めからDVDをレンタルして来たんですけど、観始めると止まらない(笑)。
何て言うか・・ものすごく多彩なんですよねー。
キャラクターも、話の内容も。
いわゆる住宅街みたいなところで、同世代の夫婦が何組かお隣同士・お向かい同士に住んでいて、みーんな仲良し。
でも、そこでいろいろな事件や問題が起きたりして・・という話です。
ざっくり説明すると(^-^;
まぁーでもいろいろと深くって、サスペンスあり・コメディあり・ラブロマンスあり・ミステリーあり・家族愛あり・・とバラエティー豊か。
日本では、こんなドラマちょっと見当たらないんじゃないかなーと。
あえて例えるなら・・渡鬼+月9+相棒みたいな感じかな(^-^;
ちょうどアメリカでは、最終シーズンが放映中だとか。
日本で最終シーズンが放映されるのは、来春とかになっちゃうのかなー?
私は、洋画は字幕で観る主義なんですが、この「デスパレートな妻たち」に限っては吹替えで観るのも大好きです。吹替えの声優さんたちが、これまたお見事だなーと思っているので(^-^;
ご本人たちの声に似ているというか、雰囲気がそのままな感じがするんです。
それに、編み物をしている最中は、やっぱり吹替えの方がじっくり観ることが出来ていいなぁと。

それにしても、この作品については何度TSUTAYAでレンタルしたことか!
旧作100円レンタルの場合で計算したとしても、
1シーズンにつき、11巻で・・1,100円。
それがシーズン8で終了なので、8,800円。
でも、私はすでに3〜4周りぐらいしてると思うので・・えー!かれこれ3万円分ぐらいレンタルにつぎ込んでる?!
わわ(^-^;
改めて考えると、結構な金額つぎ込んでますよねー。
この先も、たぶん何度も観たくなることはあるだろうし。
そろそろDVDボックスを買っておいた方がお得かも・・って気がしてきました(^-^;
通常のDVDボックスだと2万円近くしちゃいますけど、
かなりお安い廉価版みたいなのが、コンパクト版という名前で出始めているようなので、それなら場所も取らないし良いような気が・・



うーん、どうしよう・・
例えコンパクトBOX版だとしても、最終シーズン8まで揃えたら、それはそれで結構な金額になっちゃうんですけど(^-^;
でも、でも。
今まで、SATCとか、アリーmyLoveとか、ゴーストとかドールハウスとか、海外ドラマは割といろいろ観て来たけど、ここまで何回も何回も見返しちゃったりしているのは、「デスパレートな妻たち」だけだし・・これだけは特別!ってことで、コツコツと少しずつDVDボックスを揃えちゃったりしてもいいかな?!
なーんて思う自分も居て。←激甘(笑)

それにしても。
「デスパレートな妻たち」の良いところは、群像劇だっていうところかな。
4人の主婦たち、それぞれが家族の問題や、夫婦の問題、子育ての問題、親との問題、友達とのトラブルに直面したりして・・その時々で、いろいろな主要人物に感情移入して観ることが出来るから、飽きないのかな?っていう気がする。
その辺は、ちょっとだけSATCの作りと似てるかな。
あと、このドラマに出てくるお家が素敵なのも、ツボ!
やっぱり日本とは、家のデザインが全然ちがう。
こういう家に住めたら素敵だよなぁーって思いながら観ちゃう。
まぁ、その素敵な家で、殺人やら自殺やら、いろいろと事件が起こっちゃうんだけど(笑)。
でも、アメリカでもやっぱり「ご近所付き合い」とかではいろいろあるんだなーと、そのあたりは、初めて観た時にはちょっとびっくりでした。
なんとなく、イメージ的に「個人主義」っていうのがあって(^-^;
隣の家の芝生と、自分の家の芝生を比べてどーの・・とか、そんなことがあるとは思ってなかったので。
まぁー舞台が「郊外の住宅街」の設定だからかな?
ニューヨークとかの大都会じゃ、さすがにそういうことも少なそうなイメージが・・。
日本もそうだけど、田舎の方ではご近所付き合いが密接で・・っていうのは、どこの国でも同じ感じなのかな?(^-^;
関連記事

0 Comments

Add your comment