千の日々【haruの旧ブログ】

新しいブログへ引越しました。

手編みのコースター大量。保管場所に悩みまくり(^-^;

Kosuter.jpg
以前も書きましたが、とにかくこつこつとコースターを編むのにハマっていて(^-^;
そして、飽きてきたらショールの続きを編む…
そして、また飽きてきたら、コースターに戻る…という恐るべし無限ループ!

で、その結果どうなっているかというと…
ショールは長くて編み上げるまでに時間がかかるものだから
まだ完成せず。
しかし!
その一方で、大量のコースターが!(笑)
しかも、糸始末はしてないものが大多数。
「とりあえず箱」という適当な空き箱に、どんどん入れていたのですが、
その箱が壊れそうな勢い(笑)。

あーこれはいけない!(^-^;

と、ついに私も気づき←遅っ!
もっとしっかりとした「作品保存用箱」を見つけないと!
…というわけで、目下捜索中。

無印のケースとかでもいいかな?と思ったものの、
なーんとなく、私の部屋に置くと違和感が発生するような気がして、ためらい(^-^;

ふと思い出したのは、以前、仕事で使う資料を保存したり、
一時入れておくために…ということで購入したカゴの存在。
大きさもいろいろ種類が豊富な上に、確かフタつきのものもあったはず。
フタがついているタイプなら、仕上がった作品だけじゃなくて、
布とかボタンとかの手芸材料の保管にもぴったりでは?!
我ながら、ナイスアイディア(^-^;
問題は、大きさ。
あんまり大きすぎても邪魔になりそうだし、
かといって小さすぎても、きっとすぐにコースータでいっぱいになっちゃうし(笑)。

以前仕事用で購入したときのカゴは、
B4サイズが入るぐらいの大きさだったんですけど、
そのぐらいがちょうどいいかも?

こういうものを買うときって、後々の収納場所のことも考えておかなきゃ!ですよね。

で、いろいろ考えた結果、このセットが良いんじゃないかなと(^-^;



一番大きなものに、布とかレースなんかの手芸材料を入れて、
その次に大きなものに、編み上がったコースターを入れておく。
で、その次の大きさのカゴには、編み掛けのを入れておく。
残った一番小さなカゴは、レース針セットと、
かぎ針セットを保存する「お道具箱」として使う。

んーなかなかいい感じでは?
想像する限りは(笑)。
まーでも、このお店にはとにかくいろいろサイズが揃っているみたいなので、棚のサイズとかきちんと計ってから、じっくりどれにするか選んだ方がいいかな
アセりは失敗のもと…だもんね(^-^;



編みかけを入れておくだけなら、こういうタイプが
いいんだけど。

でも値段的には、セットの方がお得?
うーん、悩む(^-^;



関連記事

0 Comments

Add your comment