千の日々。

不器用なのにハンドメイド大好き(^-^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いだ円形のテーブルランナー

子どもの頃から、ずっと編んでみたいと思っていた「テーブルランナー」がようやく完成しました。

600_600_20160718_01.jpg

【編み図】「パイナップルレース センターとドイリー」(昭和61年発行/日本ヴォーグ社)より
      P42「左右に模様を伸した だ円形のテーブルランナー」デザイン:鈴木陽子さん
【使用糸】ミルフローラ レース糸 20番
【使用針】エティモ レース針8号
【サイズ】32cm×52cm



生まれて初めて手にした「レース編み」の本

〜「パイナップルレース センターとドイリー」(日本ヴォーグ社)


私がレース編みを始めたのは、小学校3〜4年生のとき。

一緒に暮らしていた祖母や母が編み物をしているの見ているうちに興味が湧き、「レース編みをやってみたい!」と思たものの、当時、我が家にはレース編みの本が一冊もありませんでした。

それで母に頼み込んで買ってもらったのが、この本です。

当時、母に

「本当に大丈夫?! せっかく買ったのに難しくて編めない…って無駄になったりしないかい?」

と念を押され…。

「絶対に編むもん!」

と答えた10歳の、見栄っ張りな私(^-^;

細編みと長編み、くさり編みさえ出来れば編めるような、初心者向けのドイリーを何枚か編んで、

「ほら!編めたよ!」

…と、当時は強がっていましたが…

ぶっちゃけ、難しくて10歳じゃ編めないようなデザインの物もありました(笑)。

このテーブルランナーも、そのひとつです。




30年越しの夢がひとつ叶う。

…と言うと大袈裟かもしれませんが(^-^;


30年前、このテーブルランナーのデザインを初めて見たときから、ずっと「編んでみたい!」と思っていたのですが、今回、ようやく編めました(笑)。


このテーブルランナーは、

1、中央部分

2、右側部分

3、左側部分

4、ふち編み

という具合に大きく分けて、4つの部分に分かれています。

これが私にとっては最難関でした!


これまでに2回ぐらい、編もうと思って取りかかったことはあるのですが、そのたびに挫折していました。

中央部分を編み上げ、右側部分にとりかかった時に「あ!中央部分を編む時に間違えてたせいで、目数が合わない…」となって、やり直すことになったり…。

あとは、私の飽きっぽい性格が災いして…

ひとつの部分を編み上げると、ぷっつりと途切れる集中力(^-^;

今回も、編んでいる途中で2〜3年、放置していたような…


ある意味、完成したのは奇跡的かもしれません(笑)




600_600_20160718_02.jpg 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村 ーランキング参加中ー クリックして頂けると励みになります♪
関連記事

 レース編み レース テーブルランナー

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。