千の日々。

不器用なのにハンドメイド大好き(^-^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックな刺しゅうの小品集「クロスステッチ 英国スタイル」(笹尾多恵 著/日本ヴォーグ社)を購入しました♪

最近ようやく購入した、この本。
発売時から気になっていたのですが、
「私のレベルで、果たして刺せるのだろうか?(^-^;」
という不安があって、なかなか踏み出せずにいました。
でも、日本ヴォーグ社さんのホームページで何度か立ち読みして…

もし私には刺せないようなハイレベルな作品ばかりで、
観賞用の本になっちゃってもいいや!

…と思えるほど、好きなテイストの作品が多そうだったので、思い切って購入したのですが大正解でした!

600_600_20160720_01.jpg

日本ヴォーグ社さんによる「クロスステッチ 英国スタイル」の特集ページは、こちら★

「英国スタイル」って、すごくエレガントな雰囲気ですね♪
こういう落ち着いた感じだけど華やかなデザインって、眺めているだけでもかなりテンションが上がります♪
刺してみたいなと思えるものが多すぎて、どれから刺すべきか迷うほどです(笑)

しかも全作品、図案がとても見やすいんです!
クロスステッチの本の場合、20〜30色使うような図案の場合でも、1色印刷されていて記号(●★▲…)で糸の色分けがされているもの珍しくなく…
でもこちらの本はチャートもカラー印刷になっているので、私のように、刺している最中に間違えたとしても、気づきやすいんじゃないかなと思います(^-^;
大きな作品の図案が綴じ込み付録になっているのも便利です。
(「ステッチイデー」と同じ感じのスタイル)



さらに、クロスステッチの基礎レッスンや、額装の方法、大作を作る際に使うと便利な「スクエアフレーム」の使い方などの説明も掲載されていて、とても親切な本だな〜と嬉しくなりました。
特に「配色アレンジ(例:ピンクの薔薇→黄色い薔薇 に置き換えたい時)」の方法を知ることが出来たのには感激しました!
よくあるんですよね。
好きな図案だけど、これがピンク系じゃなくてブルー系だったらもっといいのになーと良いのになーと思ったりすることが。
そんな時にどのように色を置き換えていけばよいのか、という事が丁寧に解説されています。

600_600_20160720_02.jpg

この裏表紙に掲載されているようなカラフルな作品に憧れますが、1〜3色程度で刺せる素敵な作品も多いので、まずはそちらの方から刺してみようかなと考え中です。
今編んでいるレース編みが終わってからになりそうですけど(^-^;

編み物と言えば…
8月5日に「毛糸だま」の秋号が発売されるんですよね!



「毛糸だま」は毎号購入しているのですが、毎回「え?もうそんな時期なの?!」とびっくりします(笑)
ついこのまえ春号を買ったばかりのような気がするのに(^-^
今回は、段染め糸の作品が掲載されるみたいで、かなり気になっています。
段染め糸は大好きなので、使い方にどんなバリエーションがあるのか、早く読みたいです♪

ーランキング参加中ー
クリックして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
関連記事

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。